良いコラーゲンサプリメント

最近は、もうすっかりサプリメントが生活の一部になっている方も多くなってきました。手軽にサプリメントを利用して、健康や美容のために役立てている方が増えているのです。

同時に、健康や美容に対する意識が高い方が増えているということを示しているのでもあると思います。美容のためのサプリメントといえば、やはりコラーゲンがその代表ではないでしょうか。コラーゲンは、肌に必要な良い成分であるというのが、女性にとっての共通認識でしょう。

でもコラーゲンと一概にいっても、実は色々なコラーゲンがあるのです。ですから、サプリメントを利用するときには、しっかりと成分を確認することをおすすめします。より良いサプリメントを利用したいのであれば、動物性のコラーゲンではなくマリンコラーゲンという魚由来のものを利用したほうが良いですね。


なぜかというと、魚由来のもののほうが吸収が良いので、十分に効果を期待することができるのです。同じ量摂取するのであれば、魚由来のもののほうが安心です。コラーゲンは、即効性というよりも継続してこそだと思います。

長い期間利用し続けるようにしたいものですね。サプリメントにも、様々な形状や成分のものがありますので、自分の目的や好みに合わせて選ぶことができると思いますよ。コラーゲンで美しい肌を目指しましょう。


アスタリフトコラーゲン


アスタリフトはテレビCMでよくみるからご存知の方も多いと思います。

松田聖子さんや、小泉今日子さんがCMに出演しているので、注目度も高いスキンケアk商品です。

フジフィルムが化粧品を作っているのには、少し違和感があるかもしれませんね。

でも、フィルム作りの技術が化粧品ずくりに非常に生かされています。

一番のポイントは、吸収率です。そのためには、成分を非常に細かくするこが非常に大事です。

フジフィルムでは、最先端のナノ技術でそれを実現しています。

アスタリフトの中でも、凄く売れているのが、美容ドリンクのアスタリフトドリンク10000です。

コラーゲンがなんと、10000mgも配合されています。

コラーゲンを摂取

コラーゲンが美肌のみならず、身体全体にとって必要だということは、最近では多くの方がご存知でしょう。

では、このコラーゲンは、一日にどのくらいの量を摂取することが理想的なのでしょうか。コラーゲンは、一日に約5~10gを摂ることが理想的とされています。しかし、この量をすべて食事から得ることは、とても困難です。一般的には、食事だけでは3.5gほどしか摂取できていないと言われており、理想の数値には足りていないのです。

コラーゲンドリンクやコラーゲンサプリメントなどが売れている背景には、このような理由があるからなのでしょう。それらからコラーゲンを補うことは、とても良いことなのです。ただし、コラーゲンは体内で合成される物質であるため、コラーゲンを必死に摂取していても、それが全て美肌つくりのためになるのかというと、そういうわけでもないというのは覚えておきたいポイントですね。

コラーゲンは、食事から摂取したりサプリメントなどから補ったりのバランスが重要です。コラーゲンは、体内に入るとまずアミノ酸に分解されます。その後、様々な箇所に運ばれていくのです。このアミノ酸が運ばれた後に、コラーゲンへと合成されるのです。ですから、すべてのアミノ酸がお肌だけのコラーゲンになるわけではないのですよね。コラーゲンは、私達が生きていくうえで、身体になくてはならない成分ですから、美肌のみならず摂取することはとても大切なことといえます。 


美容に良いものを

これから、ますます空気が乾燥し、肌のトラブルも増えていく時期になってきますよね。もともと乾燥肌の私にとっては、とても過ごしにくい季節になります。どうしても肌が乾燥してカサカサしてくるので、冬はとくに保湿に気をつけています。

他にも、冬は肌に良い栄養素をたっぷりと摂取できるように、意識しているのも確かです。冬って、どうしても寒くて血行も悪くなったりしますし、新陳代謝が悪くなりますから、肌に栄養のあるものを十分に摂ると良いかと思いますよ。

では、いったいどんな栄養素が肌には良いのでしょうか。肌に良い栄養素を豊富に含む食材を使用して、お料理することが出来れば、とても効果的ですよね。まずは肌に良い栄養素の一つ目として、ビタミンAが挙げられます。とくにβカロテンは、体内でビタミンAへと変える働きがあるので、嬉しい成分です。

他にもビタミンEは、抗酸化作用があります。ビタミンEとビタミンAを同時に摂取すると、さらに良い抗酸化作用になりますので、おすすめです。ビタミンEは、血行を促進してくれますから、やはり美肌には欠かせない成分といえます。

そして、肌の乾燥にも良いビタミンCですが、どうして乾燥に良いのかというと、コラーゲンの生成を促進する役割があるからです。コラーゲンは、いわずと知れた美肌に大切な栄養素ですよね。このようにビタミン類は、全体的に肌に良い効果があるのです。


コラーゲンの効果

様々なコラーゲンの商品として、化粧品やサプリメント、ドリンク剤などが販売されています。コラーゲンは体内に摂取されるとアミノ酸に分解され、あらゆるタンパク質に分解されます。コラ-ゲンは美容に効果がある事は知られている事です。お肌の弾力、つや等を保つ働きがあり、しわやたるみに効果があります。また、細胞への栄養や酸素を運んだり、老廃物を排出する働きもあり、新陳代謝がよくなるとされています。骨と骨をつなぐ、軟骨の50%はコラーゲンですので、関節が柔軟になり老化による膝関節痛にも効果があります。コラーゲンは血液に作用して免疫機能を改善する働きもあるといわれていますので、アトピー性皮膚炎などのアレルギーにも効果があるといえます。また、動脈硬化や、脳の老化、ガン細胞の増殖を防ぐという体質改善への効能もあるといわれています。女性が特に気になるのは、お肌への効果だと思います。美しい潤いのあるお肌を保つ為にコラーゲンは特に重要な物です。お肌の70パーセントはコラーゲンでできているといわれていますので、加齢とともに、この効果が薄れてくると、老化、衰えたお肌となるのです。コラーゲンの効果をもたらすのは皮膚の真皮層への働きです。真皮層を若々しく保つ事で、角質層に新しい細胞を送りだし、弾力のある若々しいお肌を作り上げるのです。



コラーゲンドリンク

巷には、コラーゲンに関する商品は沢山でていますが、飲むタイプのコラーゲンはいち早く体内に摂取できる効果があるといえるでしょう。コラーゲンは美容に良いとされて様々なメデイアや雑誌で注目を集めています。食べるコラーゲンや化粧品に含まれている物等はあまり効果が上がらず、直ぐに使用を止めてしまいがちです。

そこで今、最も注目されているのが飲むコラーゲンです。食事などで摂取するよりも一日に必要なコラーゲンの量を簡単に摂取できます。また、体内に吸収される割合が比較的高いので、無駄なく体内に素早く吸収されるのです。

コラーゲンの効果を実感するには長期間の使用と効率の良い摂取方法に気をつけなくてはいけません。飲むコラーゲンは一週間ほどの摂取で効果がいち早く表れるといわれています。また、コラーゲンは体外から吸収される事は出来ないといわれていますので、化粧品で補うことには疑問が残ります。

比較的安価なお値段ででているのも、継続して購入できる良い点といえます。コラーゲンは年齢とともに減少していきますので、適量を摂取していても効果が得られないという事もあります。年齢によって少し量を増やすなど工夫が必要です。栄養ドリンクのように飲むだけで摂取できるし、水溶性なので、より効率よく体内に吸収されるので、食べるコラーゲンより効果的といえるでしょう。

プラセンタのドリンクもおすすめです。


コラーゲンを食品で取る

コラーゲンは特定保健用食品で摂取するイメージが強いですが、普段の食事でも思っている以上に食べているのです。日本の料理でコラーゲン食品といわれているものは、とんこつラーメン、煮魚、焼き魚、甘露煮、シジミ汁、ちゃんこ鍋、けんちん汁など、これらは身も骨も皮も頭もそのまま加熱して調理するものですので、コラーゲンが豊富に含まれています。

ラーメンの本家は中国ですが、スープが真っ白な九州ラーメンのトンコツスープは独特です。牛、豚、鳥の骨をグツグツ煮込んでスープをつくります。骨から様々な成分が溶け出して、コクをだしていますが、主体はコラーゲンです。高級食材でいうと、ふかひれ、すっぽんなどもありますが、そんなに頻繁に気軽に食べれるものではありません。

コラーゲンを摂取したい人は、自分で砂糖を少量にしたゼリーやマシュマロを手作りしたり、寒天を他の料理にいれたりと、工夫している人も多いみたいです。さらに世界にも目を向けてみましょう。フランス料理でコースの最初にワインに添えて出される前菜としてアスピックと呼ばれる、肉汁をゼラチンで固めたものがあります。フロマージュドテートは、牛や豚の頭の煮こごり。ドイツのアイスバインは、豚の骨付きすね肉を塩ゆでしたものです。

イタリアのオッソブッコは、こ牛の骨付き肉を煮込んだものです。中国を中心にしたアジア地方ももちろんあります。フカヒレスープはコラーゲンそのもの。豚足もそうです。豚や牛のアキレス腱料理、サメの軟骨料理、豚の角煮。韓国のトガニタンというスープは、牛の骨や肉を煮込んで、スープの表面じはゼラチンで白く覆われます。いろいろな料理を毎日取れるとお肌もプルプルですね。

美容の為にしている事

適度な運動、睡眠、バランスのとれた食事が私の美容のアイテムです。20年前と比べると少々脂肪が乗った体型ですが、体型より気になるのが体調です。もともと弱い所が顕著に体調に左右されています。なるべく気分のいいときに有酸素運動系を取り入れます。散歩なり、軽めのランニング、サイクリングで汗をかくことと、普段はなるべく体を動かし就寝前に軽くストレッチをします。

肌も季節性のアレルギーがあるので刺激の強いものは使いたくないし、髪と一緒に自然化粧品に数年前に変えてからくすみやかぶれがなくなってきました。自分が気持よく使えてなおかつ、肌の調子がいいものを選ぶことも大切です。そして体の中からケアするためになるべく素材を大切にして作る食事は、どんなお薬より体に効いている気がします。旬の素材をシンプルにいただくことや体にいいとされるものを色々と試してみることっです。

好き嫌いがないので幸せです。そして自分が食べたいものを調節しながら作ることも実は楽しいひとときです。体調は悪くないのにしっくりしない時は思い切ってデトックス。野菜ジュースでしばらくすごしておなかの中をスッキリさせると体が軽くなってきます。そして時々全身オイルマッサージをアロマの資格がある妹にしてもらうのが私の至福の時。美容のためにしているというより、私の体のためにしていることかもしれません。





資生堂 ザ・コラーゲン

フィッシュコラーゲンをはじめとして、杜仲葉や高麗人参、ヒアルロン酸などの成分を配合しています。1本あたりのカロリーは、14キロカロリーです。雑誌やブログなどでも広く紹介されており、インターネットではもちろんのこと、ドラッグストアの店頭でも販売されています。
味は好き嫌いに個人差が出るようです。漢方が大丈夫であれば、抵抗なく飲めるでしょうが、漢方が苦手な人には少し抵抗があるかもしれません。


においそのものは全く気にならないようですが、苦いという声をたまにみかけます。若い人ほど薬に似た苦み、舌のピリピリなどを感じているようです。
化粧品など、スキンケアでも最王手の資生堂というブランドもあって信頼度はあるようです。

メーカーによって、においも味も違いはあるので、自分にあったものをみつけて持続して飲んでみることがコラーゲンを上手に摂取することへの近道だと思います。苦みがある方が、効いている気がするからこちらの方が良い、という人もいるようなので、これは個々の好みなのだと思います。

美顔と言えばコラーゲン!これは欠かせません。

芸能人がどうしてあんなにプルプルにできているのか。
大半の芸能人は美顔の為にコラーゲン飲んでいます。

コラーゲン飲料はここ最近かなりの種類が増えました。
よっぽど薄いものでなければ、どのコラーゲンを飲んでも美顔に効き目があると思います。

しかしコラーゲンドリンクはまずい!なんとも言えないあの味。
これが肌に効くのか、と思いながら飲まないと飲んでいられない味です。

レモン味や甘くなっているものもありますが、
タブレットや粉状になっているものが最初に飲みやすいかもしれません。

コラーゲンは皮膚の再生にとても大きな影響を与えます。
コラーゲン飲料はコラーゲンの他に美顔に必要なグルコサミンやビタミンCなども含まれ、
一緒に飲む事でさらに作用してくれます。

海洋性コラーゲンがほとんどですが、海洋性は体に吸収されやすいのです。
またコラーゲンの玉などをお鍋に入れて食べたり、スープにしたりして食べ物からも摂取できます。
ちょっと美顔の為に意識して摂取してみましょう。

コラーゲンのオススメは、液体ならば、「天使のララ」がオススメです。